トリッパ

イタリア北部では一般的に食べられている料理が、この「トリッパ」です。「トリッパ」はイタリア語で日本語の「ハチノス」を意味する言葉ですが、日本で一般的に「トリッパ」というと、その「ハチノス」を調理したイタリア料理全般を指します。「トリッパ」にも多種多様なものがあるので、その中でも特に有名なものをここで1つ紹介しましょう。

トリッパ・アッラ・ロマーナ

「トリッパ・アッラ・ロマーナ」は「トリッパのトマト煮込みローマ風」といった名前でメニューに載っていることもある料理です。トマトと「ハチノス」を煮込んだ料理ということです。「ハチノス」は丁寧に下処理をおこない、加えてハーブ類も加えるため、臭みはほとんどありません。唐辛子が良いアクセントとなる料理です。